「ディズニー+」がXboxなどゲーム機に対応!「ノマドランド」などディズニー以外の作品も楽しめるように

アップデート
この記事は約2分で読めます。

「ディズニー+」への対応機器として、Xbox One、 Xbox SeriesX|Sなどのゲーム機も加わることが明らかになった。

「スター(STAR)」が登場で進化を遂げる

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックなど、多くのディズニー作品が楽しめた「ディズニー+」。2021年10月27日(水)から新たに「スター(STAR)」が登場。
海外映画や日本のアニメなど、ディズニー作品以外も楽しめるよう進化しました。

スター(STAR)では「glee/グリー」や「ウォーキング・デッド」などといった人気海外ドラマから、日本初登場のスター・オリジナルドラマも続々登場。
また映画では、アカデミー賞作品賞を受賞した「ノマドランド」などの最新作から、何度でも観たくなる「タイタニック」「デッドプール」などの大ヒット作まで視聴が可能に。

また、日本国内のアニメである「呪術廻戦」や「東京リベンジャーズ」といった最新の作品を含む50以上の作品も視聴できる。

オリジナル作品が次々登場

「ディズニー+」だけのオリジナル作品にも注目。11月にはマーベル・スタジオの最新ドラマ「ホークアイ」や、大ヒット映画のシリーズ最新作「ホーム・スイート・ホーム・アローン」、さらにスター・ウォーズの最新ドラマシリーズ「ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット」が配信開始。

機能も進化。最高のエンターテイメント体験を

新たに、高画質・高音質が楽しめる4K UHDや5.1チャンネル及びドルビーアトモス対応作品が追加

さらに、今まで通りのダウンロード機能に加えて、離れている友人や家族最大7人がオンラインで一緒に視聴可能な「GroupWatch」を使えば、「いいね」「面白い」などの絵文字を画面上に表示し、グループで楽しく視聴できる。また、特定の作品の視聴制限を設定できる「ペアレンタルコントロール機能」も搭載されているので、子供がいる家庭でも安心してサービスを利用できる。

新たな入会経路が加わり、もっと便利に

入会経路も拡充。
NTTドコモの公式サイト、App Store、Google Playストア、Amazonアプリストアでの入会が可能になった。
詳しくはコチラ

タイトルとURLをコピーしました