MacBook AirでXbox cloud gamingをやってみた

Apple
この記事は約4分で読めます。

2021年10月1日から、マイクロソフトのクラウドゲームサービス「Xbox Cloud Gaming」(Beta)がスタートしました。

簡単に言ってしまうと月額1,100円の「Xbox Game Pass Ultimate」に加入していれば、スマホやタブレット、PCやMacなどでXbox用のゲームを楽しめるというもの。

で、です。
今回は私、このサイトの編集者兼サイト管理者のRONIN JAPANとかいう人が
Xbox Cloud Gamingは対応ブラウザでプレイできるということなので、永遠のライバル「Microsoft」と「Apple」にタッグを組んでもらうこととしました。

ですので、ちょちょいとレビューしておきます。

必要なもの

MacBook Air
Xbox純正コントローラー

MacBook Air(PC)

いつも使ってるヤツです。
今年の初めに購入したM1チップ搭載メモリ16GBで、大半の作業はサクサクこなす、よい子。

対応ブラウザ

Macの場合はsafariを使用します。

Xbox純正コントローラー

Xbox oneに同梱されていたものが経年劣化したため、今年の5月末に購入し直したものをBluetooth接続で使用します。

Xbox Game Pass Ultimate

私はすでに加入しているので、Xbox Cloud Gamingをちょっと試したい方は、1ヶ月分購入しても元は取れると思います。

やり方

まずXbox Game Passに加入

Xbox Game Pass Ultimateに加入していれば、Xbox Cloud Gamingを利用できるので、問題なしかと。
全く初めて触れる人向けに一つ目をこれにしました。
ちなみにXbox Game Pass Ultimateは、最初の1ヵ月間だけ100円で利用できる(クレカ登録必須)ので、まずはお試しで加入し、ちょい違うなと感じたら解約でOKです。

Amazonからライセンス購入も可能。(コチラ

で、コントローラー

ゲーム自体のプレーは、基本的にゲーム用のコントローラーが必要
キーボードやマウスを使った操作には非対応です。

※対応コントローラーは、Xbox公式またはXbox用に設計されたものであれば使える。
コチラに対応コントローラーが掲載されている。

MacBook Airとの接続は、ペアリングの“例のボタン”を押して、ホームボタンが点滅してる間に他のBluetooth機器と同じであっさりできました。

例のボタン

Safariブラウザで公式ページへ

公式ページにアクセスしてXbox Game Passのアカウントでサインイン。やりたいヤツをクリック

私は「CYBER SHADOW」をば

Xbox Game Pass 接続中
接続中。ロケットが頑張って飛んでます。
MacでXbox起動
おぉ、いつもの「フゥォォーン」がMacBook Airから聞こえた!
無事、タイトル画面が出ました。
ブラウザ内にゲームが表示される新感覚

レッツ、プレイ! うんうん、わかってる、わかってたんだ。

 カクつきやコントローラー操作に対してのラグは、ちょいちょい発生します。アクション系のゲームだと、“床が滑る感じ”です。
これはクラウドゲームのということで、しゃーないかと。
逆に考えれば、FPSなどではなくコマンド選択式ゲームなら問題ないですね。RPGとか。

まとめ

イージー

小難しい設定の必要なく、プレイまではたどり着けますね。ラグの類は想定の範囲内だし、そんなにスペックの高くないPCでプレイしたとしても、動きそうだなと思いました。

Xbox Cloud Gaming全体として見ると

外出先の空き時間で、スマホゲームをプレイするのと同じ感覚で、出かける寸前までやってたゲームを、チョイチョイ進めたりとか、そんなのが普通になってくるんでしょうねー。AppleのiPodがリリースされた時にそんな感じのコンセプトでCMしてましたしねー。


現在、コンソールを持っていない方で、お試しでやったXbox Cloud Gamingをきっかけにコンソールを購入する人増えるんじゃないかな?と思います。

何はともあれ、まだ“β版”。
今後のアップデートにも注目ですね。

追記

クリックで記事へ
タイトルとURLをコピーしました