【朗報】『Battlefield 2042』、チーターは全プラットフォームで永久追放。違反行為への対策方針を公開

バトルフィールド 2042 アップデート
この記事は約3分で読めます。

DICEは10月1日、『Battlefield 2042』について、悪質なプレイヤーへの対策および措置方針を公式サイトにて公開。チート行為への制裁・防止策や悪質なプレイヤーから身を守る機能、違反行為への報告プロセスなどについて開発元が説明。

また、コンソールにおけるマウス・キーボードのサポートについても触れられている。

チート行為について

『Battlefield 2042』では、ゼロ・トレランス方式(不正行為を徹底的に容認しない)のルールを設けるという。

不正行為をおこなったプレイヤーは、

  • 一切の警告・停止処分なく退場
  • チートの利用が判明し次第、試合中であっても即座に切断
  • すべてのプラットフォームで永久追放

こうした措置は、各プラットフォームにてアカウントが共有されるクロスプレイ・プログレッション機能を介しておこなわれる。 

必要に応じてIPやハードウェアの使用禁止措置

従来のように、必要に応じてIPやハードウェアの使用禁止措置を取ることも可能

さらに、チート行為の防止・特定・制裁を専門とするチームを設置する。

チート対策ツールについては、EAC(Easy-Anti Cheat)を採用
Epic Gamesが提供する同ツールは『Apex Legends』をはじめ、複数のElectronic Artsタイトルにおいても採用されている。
すでにチート使用者の特定に実績があることや、ユーザーのプライバシーとセキュリティの確保にも有効であることから、新作ではチート対策ツールをEACに変更する。

そのほかの施策 

『Battlefield 2042』では、悪質なプレイヤーによる不正・迷惑行為の報告システムが簡便化される。

これまでPCにてチート使用者などを通報する場合、一度ゲーム内からOriginのクライアントに移る必要があったが、本作ではすべてゲーム内で通報が完了するように変更。違反行為をよりスムーズに報告することが可能に。 

また、違反行為を報告した際には、運営に報告が届いたことおよび、報告に基づいて違反行為者に措置が講じられた場合は、そのお知らせがメールにてプレイヤーに送られる。 

チート使用者のほか、ゲーム内テキストや音声チャットにおける嫌がらせ行為については、対策のためのいくつかの機能を搭載しているという。

  • プレイヤーのブロック機能
  • テキスト/音声チャットのミュート機能
  • テキストチャットでの不適切な言葉を自動でフィルタリングするシステム

など。

また、新コンテンツ「バトルフィールドポータル」では、作成したコミュニティ体験に永続的な禁止を適用する機能などの管理ツールも提供されるとのこと。 

マウス・キーボードのサポート

『Battlefield 2042』の発売時点では、サポートをおこなう予定はないという。

ただし、マウス・キーボードの利用を可能とするためのさまざまなオプションや、サポートを実現した場合のクロスプレイへの影響などについては、現在検討・調査中。

タイトルとURLをコピーしました