Xboxの「Microsoft Edge」が「Chromium」ベースの新バージョンに 【2021年9月アップデート】

Xbox Cloud Gaming
この記事は約2分で読めます。

2021年9月アップデート

Microsoftは9月23日(現地時間)、家庭用ゲーム機「Xbox」の2021年9月アップデートを発表した。

「Chromium」ベースの新しい「Microsoft Edge」が、Xboxで利用できるようになる。

 Xboxには当初、Windows 10の初期バージョンとともに出荷された「EdgeHTML」ベースの古い「Edge」が搭載されていた。
しかしMicrosoftは2018年12月、「Edge」を「EdgeHTML」から「Google Chrome」でも使われている「Chromium」へ移行させることを発表。
現在では移行がほぼ完了し、Windows/Mac/Linux版が提供されている。

 古い「Edge」(Edge レガシ)は2021年3月にサポートが打ち切られたが、Xboxでは依然古い「Edge レガシ」が既定のWebブラウザーとして利用されていた。

同期機能・マウス対応

Xboxの2021年9月アップデートでは、この「Edge」がとうとう「Chromium」ベースの新しいバージョンへ更新される。新しいWeb標準仕様へ対応し、「Chromium」に最適化されたWebサイトとの互換性が向上するほか、同期機能やマウス対応といった新要素がXboxにもたらされる。

 

その他のアップデート内容

今回のアップデートではゲーム機やクラウドからXboxゲームをストリーミングし、Windows 10/11 PCでプレイする機能がサポートされる。また、「Xbox Game Pass」カタログのゲームを「あとでプレイする」リストに追加する機能も提供されるとのこと。

タイトルとURLをコピーしました