APEX LEGENDS コンバーター・チーミング対策強化

コンバーター アップデート
この記事は約3分で読めます。

CS機(PS4やXbox)コミュニティ内で、ソニーやマイクロソフト非公認コンバーターを通したプレイの可否が議論されていましたが、この度、Electronic Arts(EA)およびRespawn Entertainmentから、「非ライセンスコンバーターは認めることができない」という公式見解が改めて発せられました。

EA本体の責任者による公式見解

RespawnおよびEAのスタンスとしては、『Apex Legends』のコンシューマー機でのマウス&キーボ(以下MnK)の使用は原則上一切禁止です。これはストライク・パックなどの、ソニーやマイクロソフト非公認のコントローラーやアタッチメントも同様です。

しかし現実的には、コンシューマー機自体にMnKの使用を判別する機能が備わっていないため、該当するユーザーすべてをアカウント停止処置にすることは難しい状況です。

また、身体的な障害を抱えているユーザーが特殊仕様のコントローラーを必要とするケースもあるため、一概に非公認品を使用したすべてのアカウントを停止処置とするわけにも行きません。

よって、現状では公式大会など、プレイヤーの環境を把握できる状態では例外なく使用を禁止としています。

それ以外のケース、例えば使用者が非公認品コントローラーやアタッチメントの使用を(SNSなどで)自慢していたり、配信を行っているなどがあれば、通常の通報手段を通してご報告ください。

EAA!!

日本版Hideoutが本格的に活動開始

以前より話題になっていた、日本版Hideout(APEXのセキュリティ担当を務めている方)であるRin Matsuoka氏(@RSPN_ShikokuInu)が、チーター・チーミングの報告のフォーマットを告知。

また明確な証拠があればコンバーターも通報可能(BAN対象になる)との事

実際にコンバーターBANの対応も

早速、提供された情報をもとに確認の上、BAN対応。

タイトルとURLをコピーしました