忖度しないゲームレビュー#10 『ELDEN RING | エルデンリング』

MMCより
この記事は約6分で読めます。

数々のゲーム(インディーズを含む)をプレイしてきたMM氏と、興味あるゲームしかやらないRONIN JAPAN&Takashin13が忖度なしでゲームをレビューする、第十回目。

今回は
我がサイトが長い間更新されなかった、原因。MMとRONIN JAPANのどハマり作品。

フロム・ソフトウェア制作の『ELDEN RING | エルデンリング』
今回はRONIN JAPANがレビューします。

はじめに

今回レビューさせていただく、わたくしRONIN JAPANは…

  • フロム・ソフトウェア制作の所謂「フロムゲー」は全くやっていない
  • 理不尽なソフトが多かったファミコン世代

なので、そのへん理解いただいて読んでもらえれば幸いです。

でもって、各種攻略サイト・プレイ動画を一切拝見せずに最終ボスまでプレイし、2週目はそれらのサイト&動画をちょこちょこ見つつ取りこぼしたものなどを集めたりプレイ。
現在はのらりくらりと3週目をやっている感じです。

そんな私が、作品の根幹にはできる限り触れずにエルデンリングがどんな感じなのか?初心者には厳しいのか?などについて書いていこうと思います。
フロムゲー上級者の方も「あぁ、昔はそんな感じだったなぁ」とニヤニヤしながら読んでいただければ幸いです。

ざっくりとした世界観

一般的なアクションやRPGの類から想像すると、え?って感じもあるかもです。

住人たち

「こんにちは!ここは緑あふれる〇〇の町だよ!」っていうウエルカムな町人のいる場所は存在しません。一般市民的な感じでまともに会話できるのは旅の商人くらいかも。
他にも基本的には戦闘をしないNPCはいますが、何か腹に一物ありそうな発言が多いので、なんとも不気味です。殺伐としています。
そのクセ、自然と風景は本当に綺麗です。

ぱっと見サンタクロースかと思った商人

敵・モンスター

こっちの都合なんかお構いなしに、強い敵・弱い敵が結構ゴチャゴチャで遭遇します。
とは言っても、ある程度配置バランスは調整してくれていますのでご安心を。
ヤバイと思ったら一目散に逃げるのもアリです。
そして、大きさや見た目が強さに比例しない。
これは既にプレイしている人は「そうそうそう」と感じるかと思います。一見強そうな巨人が慣れたらカモになったり、ぱっと見雑魚っぽいネズミの集団にボコボコにやられたり…。
見た目や大きさよりも数の暴力の方がよっぽど怖いです。

初見では逃げ出したくなるルックスの巨人。

「通貨・経験値」はルーンで

RPGの類で欠かせない、通貨と経験値の概念については、その両方を「ルーン」というものでまかなっています。
ルーンは戦闘で敵を倒して手に入れたりアイテムを消費して入手でき、商人からアイテムを購入したり、ルーンを消費してレベルアップすることができます。
戦闘に敗北した場合、敗北した場所にルーンを全て落とすことになりますが、再度その場所に行き拾うことができれば喪失しませんが、拾い上げる前に死亡してしまうとロストしてしまいます。
大量のルーンをロストした時は一瞬ボーッとしてしまいます。

「お使い」は無いに等しい

オープンワールドの作品に欠かせないと言っても過言では無い「お使い」。
ぶっちゃけ、わたしはこのお使いが好きじゃ無いんですけど、本作はお願い事をされることはありますが「〇〇を5個集めてきてくれ!」みたいなものはありません。
それに、言うことを聞かなければメインストーリーが進行出来なくなるようなこともありません。

少しの行ったり来たりは愛嬌

初プレイの人に伝えたいこと

さて、3週目でのらりくらりやっている私が、まず伝えたいこととしては、1週目は自分の力でやって楽しむことです。
世の中には発売直後からゲーム内の攻略情報を掲載しているサイトやプレイ動画が上がっているようでしたが、ハッキリ言いましょう、それらを閲覧することでこの作品の魅力が30%は削ぎ取られます。

ゲームの魅力はどうでも良くって、早くクリアしたり実績100%にしてドヤ顔したいだけの人は別にいいのですが、この作品のテーマ的なものだったり構造を考えると、全てを「運命」として進めていく方が正しいのではないかと考えます。

最初はこんな鳥にだって静かに近づく生き方でもいいのです。

ちゃんと読む・ちゃんと聞く

本作はムービーシーンも少なく、不自然に説明口調の狂言回し的なキャラクターもいないため、ゲームを進行するにあたっては、会話のできるNPCとのやり取りが重要です。早く進行したいばっかりに、会話パートをボタン連打で進めてしまうと、後々「え?どうしてこうなってんの?」みたいなことが増えてきます。
加えて、一人のキャラクターと一度会話したら終わりと思わずに、同じことを繰り返すまでは話しかけることも重要です。

三回話しかけてやっと選択肢が出ることも

ちゃんと目を通す

手に入れたアイテムには必ず説明があるので目を通しておきましょう。
武器の特性などもこれで知ることになるので、本当に重要です。
そして、語り部的なキャラクターの存在しないこの作品だからこそ、それらの情報からより壮大なバックグランドを感じ取ることにもなります。
本当にこの世界観を楽しむならちゃんと読むことをお勧めします。

ちょっとしたアイテムでも、三行ほどは絶対に説明がある。

最初の「素性」はそんなに気にしなくても良い

ゲーム開始時に、多数用意されている「素性」。
他のRPGなどでいうところの職業みたいなものなのですが、何を選ぼうと全く問題ありません。レベルアップしていくなかで、例えば魔法メインのキャラをムッキムキに路線変更も出来るのでご安心ください。なので、なんとなくルックス(初期装備)で選んでも大丈夫です。

素性の一部。それぞれに開始時に使える戦技や武器・防具に違いあり。

『死にゲー』

フロムと言えば「死にゲー」と言われています。私的にはやってみて感じたのは、死亡することに理不尽さは感じませんでした。むしろ絶妙なゲームバランスだなぁっていうイメージ
プラス、敵にやられる中で自分のキャラコンが成長していくのを感じる場面が結構ありました。
キャラのレベル・武器のレベルに続く、数値には見えないプレイヤーのレベルが上がっていっている感じでしょうか?
これも本作ならびにフロムの過去作の魅力ではないかと、なんとなく思いました。

この文字を何度も見て強くなっていく

ネットの「最強」「おすすめ」に振り回されない

Youtubeや攻略サイトなどにたくさん並ぶ「最強武器」「おすすめ武器」と言う言葉。これらについては、参考程度にしとく方が良いかと。
みなさんそれぞれの戦闘スタイルがあると思いますし、色々と自分で組み合わせてみて見つけ出す方が数倍楽しめます。
ボスを倒して手に入る武器防具も同様で、普通のRPGだと伝説の武器防具は最強として扱われますが、本作についていうなら当てはまらないかと。
ちなみにそんな私が最終ボスを討ち取った武器は、序盤でちょっぴり強い敵が低確率でドロップする斬馬刀です。
フロムゲー初心者の私ですらこうなのです。

分厚い斬馬刀の安心感

まとめ

フロムゲー初めてでも、誰の手も借りずにエンディングを迎えることはできました。
それなりに時間はかかりましたけど、可能です。
今や「エルデンリングの強い武器・レア武器」といえば、動画製作者さんとか攻略サイト運営者さんにとっては手っ取り早くアクセス数確保できるコンテンツだから、何かにつけて注目を得ようとするタイトルで動画を作成するのが常套手段になっています。
しかし閲覧者にその作品の魅力を伝えられたり、「やってみたい!」と思わせているているコンテンツって何個あるんでしょうか?
そういった、情報が氾濫している今、MMCの記事として発信したいのは「武器の強さ云々を競う以上に、魅力的な世界観のゲームである」ということ。
しかもそれは、前情報なしのまっさらな状態でゲームを始めて進めていくからこそ得られるもの。ということです。
なにはともあれ、変な敷居なんて気にせずに、ぜひ手を出してみてください。三つ目の実績を手に入れる頃には、しばらく他のゲームが触れないくらいにハマっていると思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました