【破壊と快感と中毒性と探究心】忖度しないゲームレビュー#8『DYSMANTLE(ディスマントル)』

レビュー
この記事は約5分で読めます。

数々のゲーム(インディーズを含む)をプレイしてきたMMCの隊長MM氏と、興味あるゲームしかやらないRONIN JAPANが忖度なしでゲームをレビューする、第八回目。

今回は
10tons Ltd
から2021年にリリースされた『DYSMANTLE(ディスマントル)』
今回はRONIN JAPANがレビューします。

スポンサーリンク

作品概要

長い長い時間を経てシェルターから抜け出したあなたを、素晴らしき新旧世界が待っている。
危険で邪悪な生物が巣食う世界。
他の人間がまったく見当たらない世界。自然が支配するようになった世界。
ますます険しいものになろうとしている世界だ。
あなたは、悲惨な島からの脱出方法を見つけねばならない。
しかしその前に、厳しくも楽しい終末を楽しもう。

公式より

トップダウンビューのオープンワールドアクションRPGで、社会が崩壊した世界のある島からの脱出を目指す。そのために壊せるものは壊し、素材を集め、装備品や補助アイテムを作成したり、使用不能になっている拠点ポイントの補修、移動経路の修繕を行うという流れ。
そして、けっこう厄介なクリーチャーがウロウロしていて、こいつらを薙ぎ倒しながら進行していく。

一回起動したらヤメられなくなってしまう、その理由

実はこの作品のレビューは、もう少し早くアップするつもりだったのですが、起動するごとにやめられなくなってしまってて…。
なんならMMCのメンツが揃ってるのに、私だけはこれをひたすらやってるという状況が続いてました。
基本的なシステムなんかは他サイトで紹介されてるんで、ここはひとつ
ヤメられなくなる理由を書いてしまえ」と思い、レビューします。

とにかく広いマップ

自分が通常見ているひと画面が、全体マップで見ると方眼紙のひとマス分しかないことを知った時「おいおいおい」と声に出してしまったほど。

一度行った場所は地図に表示されるのですが、行ける場所なのに、もしかしたら行っていないところがあるんじゃないか?と歩き回りたくなるんですよこれが。
しかも、その探検が元で急激にプレイヤーが強化されるきっかけになったり、思わぬサイドミッションを見つけたりもするんですよねー。
よくできたマップだと感心させられますし、制作サイドが楽しみながら世界を広げていったんじゃないかと感じます。

実際に移動してみると嫌気が差すほどの広さではないし、ゲームを進行していくとポイント間でのファストトラベルも可能になるのでご心配なく。

ど真ん中に明らかに一番最後まで行けそうにないところがあるのよね!
あと、どう頑張っても登れないとこにクリーチャーいたり…。
何か移動方法とか?あるんじゃないすかねぇ?

些細なことから急加速するストーリー

フラッと入れた未開のエリアで、「!マーク」を見つけて調べると異常なテンポの良さでメインストーリーが進み、急激な速さで未開の地の姿が明らかになっていくんですよ。(画像は最初期のミッション)

これがねぇ、ひと段落させようにも続きが気になってしょうがなくなるパターンなんです。
丁度、海外ドラマが大ブームとなった頃のよくある展開みたいな感じでしょうか。
前述のマップのくだりの感覚と相まって、進み出したら止めたくなくなるところに、制作サイドがプレイヤーをストーリーに引き摺り込む上手さを感じます。

壊す「快感」と「中毒性」

素材収集の王道的イメージの『Minecraft』。
私、RONIN JAPANは天下の『Minecraft』に関しては本当にちょっと触っただけでフワッとやめてしまったのです。
その時は素材収集てのが自分に向いていないと思っていました。
だがしかし、このDYSMANTLEをプレイしてみるとムキになって素材収集をしていました。
ただ、途中で気づいたんです。
収集というよりも壊す行為が気持ちいいということに。
個人的にMinecraftの時には感じなかった快感がそこにはありました。
なんで気持ちがいいのか考えてみたのですが、何回も殴って壊れる瞬間の「バゴッ!!」「ギャンッ!」って音が快感を呼ぶのではないかと思います。
開始してすぐ、プレーヤーの手に握られているのはバール。
何となく振ってみると、ドラム缶はガンッて跳ね返るが木製の椅子は壊せる。
最初は壊せるものの種類は少ないですが、プレイヤーの成長・武器の強化・新武器の開発が進むにつれて「おぉ!これも壊せるのか」ってものが増えてくる。
壊せるものが増えると、苦労して集めてた素材が比較的楽に収集できたりもするので、ついついチンパンジーのように破壊と収集を続けてしまう、謎の中毒性がある。

初期武器のバールじゃ歯が立たない車が
成長し強力な武器だとこの通りダメージが入る

Xボタン押しっぱなしで破壊し続けるのホント気持ちいい

「作れる」と言われると作りたくなるアイテム

こちらは最初期のアイテムツリー。

レベルアップやレシピを手に入れることで、可能になる新しいアイテムの作成や食事のメニュー。
予期していないタイミングでレベルアップして、少し頑張って素材収集すれば作れるとわかったら、ついつい収集モードに入ってしまう…。
しかも、収集の大半は前述の「快感を伴う破壊」なので、良い意味で沼です。

まとめ

損してるレビュアーさん多いと思う

私、このゲームに関してはホントに軽いノリで始めたんです。
なんなら、値段が安いから。
プレイしてみてハッキリ言えるのは、内容のボリュームに対してものすごく安いと思いますよ。
やり始めて少し経った頃は「バールの最大強化してからが本番」なんてレビュー用のフレーズを想像しながらプレイしていましたが、それは素敵な間違いでした。
常に本番です。
チョコチョコっとやって「おもしろい!」って軽々しく言えないというか、言わせる暇もなく引き摺り込まれる感じです。
短時間プレイして感想書いてヤメちゃってる人は損してるんじゃないかと思うぐらいです。
このレビューを書いている現在、クリアまであと2割的な段階ですが、なんとなく良い意味で裏切られるんじゃないかという予感すらしています。

おにくのどんぶり

まとめで紹介したいと思ったのが、このチャンネル『おにくのどんぶり』
Xboxのゲームのプレイ動画をアップしているチャンネルでkakutaguma(兄)とchomasan(妹)のお二人で色んな作品をプレイしています。
このチャンネルでお兄ちゃんが『DYSMANTLE』をやってます。
『破壊解体まったりサバイバル!ゾンビの世界で壊しまくり! DYSMANTLE #1』では、初見プレイ時の私が思ったことを全部声に出してやってくれている感じです。

タイトルとURLをコピーしました